Switchの8月号

 

今回は [Training&Massage Switch] のパーソナルトレーナー林田慎吾に取材します。

表紙にもなっている、赤色のウェアについてまず聞いてみました。

 

スタッフ「林田さんは真っ赤なウェアが特徴的で、愛着されてますね。赤を着こなす人は少ないと思うのですが、なぜ赤のウェアを選んだのですか?」

 

林田慎吾「赤を選んだ理由は特にないです。強いて言えば、買う時の季節が冬だったのでクリスマスを意識したくらいですかね。」

 

スタッフ「なるほど・・・。服の色でクリスマスを意識するなんて初めて聞きました。笑」

 

林田慎吾「そうでしょうね・・・笑 まあそれと同時に赤は情熱の色、つまりはパッションを溢れさせていこうとも考えていました。これを思ったのは購入後のことなんですけどね。笑」

 

スタッフ「発想がすごいですね!赤は目立って着こなすのが難しいと思うのですが、何か着こなすのにこうしたら良いとかってありますか?」

 

林田慎吾「・・・。」

 

最後には黙り込んでしまいました。

それから我々スタッフは、自分を愛する方法について伺いました。

 

スタッフ「それでは、自分を愛する方法について聞いていきたいと思います。皆人それぞれコンプレックスなどあって、自分が好きじゃないとか、もっとこうなってればよかったのに。など一度は思ったことあると思います。林田さんは今の自分で満足していますか?」

 

林田慎吾「こうなってればよかったのに。なんて思ってるならその時点で変わることを諦めてますよね。それではダメです。

自分が好きじゃない。じゃあ自分のことを好きじゃないのに愛してないのに、人のことをどう愛するんですか。ちなみに僕は自分が好きというわけではなくて、自分の筋肉を愛しているだけです。」

 

スタッフ「・・・。」

 

今度は我々が黙らされてしまいました。

このままでは、ちゃんとした取材内容が取れないと思い次に質問に移りました。

林田さんはお店のオープン当初の髪型、ツーブロックを自分でカットしたのだと言う。

自分でカットするのは難しいうえ、ツーブロックをどのような方法で作り上げたのか・・・

 

スタッフ「林田さん、お店のオープン当初の髪型は自分でカットされたらしいですね。どうやってツーブロックにしたのですか?そしてなぜ自分で切ろうと思ったのか教えて下さい。」

 

林田慎吾「確かにツーブロックに自分でするのは至難の技ですね。僕はA型なもんで綺麗に刈り上げるために、櫛とグリースを使いましたよ!櫛で刈り上げるラインを作ったら、それより上の髪をグリースで下がってこないように纏めました!そうすると意外に綺麗にいけたんですよね。笑」

 

林田慎吾「それとなんで自分で切ったのかというと、****だったので。笑」

林田慎吾「これは記事には載せないでくださいね。笑」

 

と恥ずかしげな顔をして話してくれました。

 

 

夏といえば気温が上がり、露出も多くなる季節。

林田さんはタンクトップを着ることが多いという。

一般的な若者はファッションに気にかけ出かけるが、林田さんがタンクトップにこだわる理由を聞いてみた。

 

スタッフ「本格的に夏に入って林田さんは、タンクトップを着ることが多いですね。オシャレなど気にしないんですか?」

 

林田慎吾「オシャレやファッションというのは、学生時代に頭から消えましたね。笑 一度バルクアップのために体重を増やしたんですけど、お気に入りのジーンズが入らなくなってそこから消えちゃいましたね。」

 

林田慎吾「タンクトップは女性ウケは良くないと知っているんですけど、自分の筋肉や体のためならウケなんか気にしませんし、何より背中の筋肉の広背筋を強調できるのでそれがオシャレですよね。」

 

と意味の分からないことを言っていた。

 

スタッフ「夏は紫外線もすごいですけど、日焼け対策は?」

 

林田慎吾「夏は日焼けするためにあるんですよ!半袖焼けは個人的にダサく感じるので、タンクトップを着ています。本音は日サロに行って、全身焼きたいんですけどね・・・。」

 

スタッフ「どうしたんですか・・・。」

 

 

 

林田慎吾は急に立ち上がり、服を脱いだかと思えば鏡に向かってこのポーズをして帰って行った。

そして一番注目すべきとこは、背中のタンクトップ焼けであるがとても目立っていた・・・。

 

半袖焼けも、タンクトップ焼けもしない方がいいだろう・・・。

 

次月号はなんとあの人が!?